平岡公園 ・・・ その2

今日は昨日よりぐっと暖かくなっています。部屋の中に差し込む太陽の日差しは強く「布団干し」には格好の日和ですね。部屋の中一面に布団を並べました。

昨日に続いて平岡公園の模様を・・・見てください。
6年前、最初にこの公園に来た時に不思議に思った木があります。数年前は沢山の実がぶら下がっていましたが・・・最近はほんの少し見かけるだけとなりました。環境の変化かな?
昔・・・『鈴懸の・・・』と言うフレーズの入った歌がありました。この木がそうです。本当は『プラタナス』と言うらしいですが、スズカケの木の方がロマンチックに聞こえます。
e0003183_15254889.jpg

           見えますか木に鈴のようにぶら下がっている実
e0003183_1525593.jpg

             ちょっと拡大して見ました。
e0003183_12102176.jpg

この実がどんな風になっているのか知りたくて木の下を探し見ましたが一つも落ちていません。
丁度手が届くところに一つ見つかりました。チョッと失敬して来ました。実はとっても硬く直径3cmあり回りは硬い「とげ」の様なもので覆われています。割ってみたいんですが・・・もう少しこのまま部屋に飾っておきます。
e0003183_12345840.jpg

木に金色の鈴がぶら下がっている・・・鈴懸の木・・・どんな歌だったか忘れました。聴けばきっと思い出すんですがね。

付録 : 同居人の川柳をご笑覧下さい。(^_-)-☆
 凱旋のように孫つれ娘(こ)が帰省  非魔人(毎日新聞投稿)
by sgr813 | 2005-11-13 12:38 | 風景
<< 教室の風景より 平岡公園 >>